• トップページ
Well-beingな社会づくりに向けた社会疫学研究とその応用

2009年6月1日に設立された,日本福祉大学 健康社会研究センター(Center for Well-being and Society,CWS)のホームページです. 健康社会研究センターは,文部科学省の私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2009-2013)に採択された研究構想「Well-being(幸福・健康)な社会づくりに向けた社会疫学研究とその応用」を目指す拠点です.

センター長のご挨拶


 日本福祉大学健康社会研究センター(CWS)の研究推進にご理解・ご協力をいただき,ありがとうございます.

 さて本センター長である近藤克則は,2014年4月1日から日本福祉大学客員教授と千葉大学予防医学センター教授を併任することになりました.今後も,引き続き日本福祉大学健康社会研究センター長として,well-being(幸福・健康)な社会の実現に寄与する研究を進めてまいりたいと考えています.

 これに伴いJAGESプロジェクトの推進体制も拡充されます.日本福祉大学健康社会研究センターに加え,東北大学,東京大学,浜松医科大学にも事務局機能の一部を分散配置したネットワーク型に発展させ,千葉大学予防医学センターが中核的な事務局機能を果たす形で,大きくなったJAGESプロジェクトのさらなる発展を目指していきたいと思います.

 今後も,日本福祉大学健康社会研究センターやJAGESプロジェクトの研究成果等を,ニューズレターやウェブサイトを通して情報発信していく予定です.なお2014年4月からJAGESプロジェクトのページも移設しました.
 新しいJAGESのページはコチラ→www.jages.net/

 今後とも,われわれの研究推進にご理解・ご協力のほど,何とぞよろしくお願い申し上げます.

日本福祉大学客員教授
千葉大学予防医学センター 環境健康学研究部門 教授
近藤克則


介護予防政策サポートサイトを開設しました.

http://www.yobou_bm.umin.jp/
JAGES(日本老年学的評価研究)が運営する,市町村の介護予防政策を担当する方のためのページです.地域ごとの要介護リスクや高齢者のニーズを「見える化」することで,効果的な介護予防政策の推進をサポートします.

NEWS&TOPICS

■2014年4月30日
地域診断書を公開しました.
詳しくはコチラ→http://www.yobou_bm.umin.jp/cycle/hajimete.html
■2014年4月1日
トップページにセンター長からのご挨拶を追加しました。
新しいJAGESのページはコチラ→www.jages.net/
■2014年3月14日
健康社会研究センターニューズレターを追加しました.
研究業績を更新しました.
リンクを更新しました.
■2014年2月25日
JAGES 2013調査にご協力ありがとうございました.
2013年10月から12月にかけて、JAGES(Japan Gerontological Evaluation Study,日本老年学的評価研究)プロジェクトの2013年度調査を、全国30市町村の約19.5万人の高齢者の方にお願いしました.
おかげさまで、約13.8万人(回収率70.8%)もの多くの方にご回答をいただきました.ご協力ありがとうございました.
詳細はコチラ
■2014年2月24日
リンク健康の社会的決定要因に関する研究班のホームページを追加しました.
■2014年2月9日
プレスリリース「サロン参加で健康に良い情報が増えた人が8割」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
健康社会研究センターニューズレターを追加しました.
研究業績を更新しました.
イベント報告を更新しました.
第47回社会保障審議会介護保険部会資料で研究班の成果が紹介されました(スライド27)
■2013年12月14日
日常生活圏域ニーズ調査データの分析支援申込受付を開始致しました.
詳しくはこちら   申し込みはこちら
■2013年12月6日
プレスリリース「被災地におけるソーシャル・キャピタル研究に米国NIHの研究助成が決定」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
■2013年11月17日
プレスリリース「30%以上の高齢者が,歯が少ないにもかかわらず入れ歯を使っていない」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
■2013年9月28日
WHO神戸センターのウェブサイトで,JAGES2013調査のことが紹介されました.
日本語 English
■2013年9月4日
プレスリリース「健康が良い確率が社会参加で2.5倍高くなる−サロンを開設した地域介入研究で,参加の効果をより厳密な手法を用いて実証」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
■2013年8月26日
リンク日本公衆衛生学会版 健康影響予測評価ガイダンス(公衆衛生モニタリング・レポート委員会 2011 年提案版)を追加しました.
研究業績を更新しました.
■2013年8月16日
日常生活圏域ニーズ調査のデータ提供に関するQ&Aを追加しました. → Q&A
■2013年7月3日
平成25年度老人保健健康増進等事業に日本福祉大学健康社会研究センターが提案した 「日常生活圏域ニーズ調査データを活用した地域診断支援システムの開発に関する調査研究事業」が採択されました.
国際シンポジウム「災害下におけるソーシャル・キャピタルと健康」"Social capital and health in disaster"のイベント報告を追加しました.
健康社会研究センターニューズレターを追加しました.
研究業績を更新しました.
■2013年5月9日
国際シンポジウム のお知らせ
「災害下におけるソーシャル・キャピタルと健康」 "Social capital and health in disaster"
【日 時】2013年5月25日 午後1時〜午後5時
【場 所】東京大学経済学研究科・学術交流棟(小島ホール)2階コンファレンスルーム
詳しくはこちら
■2013年4月28日
平成25〜27年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)「介護予防を推進する地域づくりを戦略的に進めるための研究」平成25〜27年度(研究代表者 近藤克則)が採択されました.詳しくは,こちらをご覧ください.
プレスリリース「運動は1人より仲間とするのがお勧め」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
研究業績を更新しました.
健康社会研究センターニューズレターを追加しました.
リンクを更新しました.
■2013年3月11日
健康の社会的決定要因−疾患・状態別「健康格差」レビューが出版されました.
日本福祉大学主催「JAGES-ELSA国際ワークショップin TOKYO」を開催しました.
ソーシャル・キャピタルワークショップ「社会関係資本研究の20年を振り返る」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]が開催されます.
介護予防Webアトラスを用いた地域診断が,厚生労働省の都道府県介護予防担当者会議(3月1日)と介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議(3月11日)で紹介されました.
■2013年1月10日
研究業績を更新しました.
■2012年12月29日
プレスリリース「運動は1人より仲間とするのがお勧め」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
健康社会研究センターニューズレター第26号アドビPDFファイル [Adobe PDFファイル]を追加しました.
■2012年12月9日
リンクを更新しました.
■2012年11月6日
厚生労働省HPから「介護予防Webアトラス」へのリンクがはられました.
■2012年10月29日
日本福祉大学健康社会研究センターポスドク研究員の募集のお知らせアドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
■2012年10月15日
健康社会研究センターニューズレター第25号アドビPDFファイル [Adobe PDFファイル]を追加しました.
研究業績を更新しました.
■2012年10月4日
JAGES2013年調査の趣旨と参加メリットアドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
国際シンポジウム「介護予防・健康政策マネジメントの新潮流 ―社会環境や格差への着目―」のイベント報告を追加しました.
研究業績を更新しました.
リンクを更新しました.
■2012年9月17日
日本福祉大学健康社会研究センターポスドク研究員の募集のお知らせアドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
■2012年9月15日
健康社会研究センターのパンフレットアドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
■2012年8月31日
プレスリリース「科学的根拠に基づいた転倒予防プログラムを実施している市町村では新規要介護認定者割合は3分の1」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
プレスリリース「『運動器の機能向上』事業の事業参加者率は0.4%で 人口の多い市町村ほど低い」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
プレスリリース「所得レベルの違いで死亡・健康寿命の喪失のしやすさに 約2〜4倍の差―行政統計データを用いた4年間の追跡調査」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
プレスリリース「転倒しにくい市町がある 最大で各市町間での転倒発生に3割の差」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
■2012年8月30日
健康社会研究センターニューズレター第23号アドビPDFファイル [Adobe PDFファイル]を追加しました.
健康社会研究センターニューズレター第24号アドビPDFファイル [Adobe PDFファイル]を追加しました.
■2012年8月5日
プレスリリース「歯を失って義歯を使わなければ転倒のリスクが2.5倍に〜厚労省研究班が健康な高齢者1763 名を追跡して明らかに〜」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
プレスリリース「ソーシャルキャピタルが弱い地域に住む女性は,要介護状態になる危険性が1.68倍高い」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
■2012年7月30日
2012年7月10日に公表された「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21(第2次))」で 「国民の健康の増進の推進に関する基本的な方向」として 「健康寿命の延伸と健康格差の縮小」が掲げられました. アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]
厚生労働省告示第四百三十号 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]
「健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]の参考文献として研究成果が引用されています.
■2012年6月27日
国際シンポジウム「介護予防・健康政策マネジメントの新潮流 ―社会環境や格差への着目―」(開催日時:2012年8月4日(土)10:00〜16:40,場所:ウインクあいち(愛知県産業労働センター1102会議室))を開催します.※参加申し込みを終了させていただきました.
■2012年6月17日
研究業績を更新しました.
リンクを更新しました.
■2012年5月27日
5月24日午前10時05分からのNHK「くらし☆(きらり)解説」という番組で介護予防Webアトラス が紹介されました.介護予防において,まちづくりや地域環境要因の重要性を示す研究成果も取り上げられました. 研究成果は,プレスリリースでご覧いただけます
■2012年5月23日
介護予防Webアトラスをご覧いただけます. 介護予防に関するデータを地図上で「見える化」する介護予防Webアトラス(利用料無料)のサイトです. 転倒やうつ,認知症などのリスク(危険性)が高い人が多い市町村(介護保険者)などが一目でわかります. 平成23年度老人保健健康増進等事業として採択された 「Web-GISを活用した客観的評価指標によるベンチマーク・システムの構築」の成果です. データの出典は,厚生労働省の介護予防事業報告です.
プレスリリース「健康な街」の条件〜社会関係の豊かなコミュニティでは喫煙率が6割以下〜」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
健康社会研究センターニューズレター第22号アドビPDFファイル [Adobe PDFファイル]を追加しました.
リンク非正規雇用の健康影響を追加しました.
■2012年4月15日
プレスリリース「歯を失って義歯を使わなければ 認知症のリスクが最大1.9 倍に〜厚労省研究班が健康な高齢者4425 名を追跡して明らかに〜」 アドビPDFファイル[Adobe PDFファイル]を追加しました.
4月7日は「世界保健デー」でWHO(世界保健機関)の設立日です.今年のテーマは「高齢化と健康」その記念フォーラムがWHO神戸センターで開催されました.その中で,J-AGES(JApan Gerontological Evaluation Study,日本老年学的評価研究)プロジェクトの一端を紹介しました.
健康社会研究センターニューズレター第21号アドビPDFファイル [Adobe PDFファイル]を追加しました.
2011年度のNEW&TOPICS
2010年度のNEW&TOPICS
2009年度のNEW&TOPICS

メーリングリスト登録フォーム
社会疫学に関連するニュースや当センターのプレスリリース,催事案内などをお知らせするメールをご希望の方は,こちらからご登録ください